マキの気になる事

気になることなどを書いていきます。

ハングル・パーフェクトマスター 太田諭効果あり?効果なし?噂と検証結果

ハングル・パーフェクトマスター 太田諭効果あり?効果なし?噂と検証結果

→詳細はこちら

太田諭さんが書いた「ハングル・パーフェクトマスター」が
ネットの口コミで評価が高いね。


必ずと言っていいほど、ハングル反切表のページが韓国語の本に載っていますが、
反切表で勉強するより、このテキストで勉強した方が、
ハングルがスッと頭に入ってきました。
音声やイラスト、図解でわかりやすく、ハングル文字の作り方を教えてくれます。
1週間ほどテキストで学習すると、大体読めるようになりました。
発音も、口の開け方、日本語との違いを明快に教えてくれるので、
カタカナ発音にならないです。
テキストを終えてドラマを見てみると、
登場人物の名前がハングルのまま読める、携帯電話のメールの文章が読める、
友人の働く店の看板が読める…
ハングル文字が出てくるたびに、
「わ〜!読めた〜!!」とテンションが上がっちゃいます。


っていうのが、ちょっと怪しい気もするけど
本当に効果あるのかな?


ただ韓国人の発音のマネばかりしていても、

通じない韓国語になる。

「発音の上達に一番よい練習法はなんでしょうか?」
と聞かれれば、

「韓国人の発音のマネをする」と答える人は多いと思います。

そして、韓国語の先生のほとんどが、

「とにかく、発音のマネをしてください。」

だとか、

「たくさん発音練習して、慣れれば大丈夫ですよ」と、

発音に不安を感じている人にアドバイスします。

しかし、私の韓国語のレッスンを受けに来る方に、
「韓国語学校に通っているんですけど、
うまく発音できているかわからないんです…」
という方が、結構多いのです。

最近、「1年間韓国語学校に通ったのに、発音にまったく自信がない」 という悩みを持って、私のレッスンを受けに来た方がいらっしゃいました。

私は、「1年も韓国語学校に通っているのに、なぜ?」と思い、
よくよくお話を聞いてみたのです。

すると、

韓国語学校の先生からは、
「慣れれば大丈夫ですよ〜」としか言われない、ということでした。

「だって、『慣れたら大丈夫です』って言うのは、
今まだ上手に発音できてない、ってことじゃないですか!?」
という、その方の言葉は印象的でした。

その通りですよね。

韓国語学校は、「覚えるだけだから」と、ハングルの説明にほとんど時間をかけず、
あいさつの表現や自己紹介などに時間をかけます。

まだハングルがわからない状態で授業が進むと、
「よくわからないけど、とりあえず先生の発音のマネをしているだけ」
ということになってしまいます。

確かに、韓国人の模範の発音をマネしていたら、
「その表現だけ」は、通じる発音になるかもしれません。

しかし、「模範の発音がないと、通じる発音ができない」としたら…
あなたの言いたいことすべてに、模範の発音をつけなくてはいけないことになります。

キリがありませんよね。

これでは、いつまで経っても自分でハングルを読み、発音することはできません。

だからこそ、ハングルの発音のしくみをしっかり理解することで、
「通じるかな…大丈夫かな…」と思うこともなく、
自信を持って自分の表現したい韓国語を、キレイに話せるようになるのです。


本当かなぁ?

何か怪しいよね。

胡散臭いっていうか・・・

でも、なんか面白そうな教材かも。試してみようかな。

→詳細はこちら